クレジットカード現金化は借り入れなのか

クレジットカード現金化は、受け取り方次第で借り入れとも借り入れではないとも言われています。
問題なのはクレジットカード現金化業者が貸金業者と認定されるか否かという点です。現に2011年には現金化業者が事実上の貸金業者として認められ、何社が摘発を受けています。貸金業者は営業するにあたり、貸金業者登録をしなければならず、また貸金業法や出資法を守る必要があるのですが、現金化業者はこれを守られていなかったため摘発を受けました。
しかし、摘発された業者以外にも、まだまだ多くの現金化業者が存在しています。
基本的に現金化業者自体が合法ではありませんが、法律的にグレーゾーンな部分にいる業者ですので、利用する業者を間違えなければ今のところは違法性を問われることはないでしょう。また、業者の摘発はありましたが、これまでに利用者が逮捕されたという事例は1件も存在していません。
さて、法律上問題がない場合でもクレジットカード会社の規約に違反する可能性もあるので、その辺は注意が必要です。
クレジットカード会社では、原則として現金化目的のクレジットカード利用を禁止しています。もし、これを破るとカードの利用停止、強制契約解除、残高一括返済など厳しいリスクを背負うことになるでしょう。
また、現金化に金利は存在しませんが、現金化の仕組み上、正規の融資の金利を支払うよりも損をしているという点は否定できません。それを踏まえて利用しましょう。

http://www.genkinka-guide.net/